メディア掲載情報

- ESSE -

「目の乾きなどによる疲れ」がいつのまにかストレスに!

瞳のケアで快適生活を

パソコンやスマホなどで目を酷使することで、涙がとどまりにくくなった瞳は角膜が傷つき、疲れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
ビタミンAの2つの働きで、その原因を根本から改善する目薬ができました!

目のお悩みNo.1は「乾きなどによる疲れ」


ESSEメール会員「目の疲れに関するアンケート(3月実施)」より(有効回答者385名)

毎日5〜6時間はスマホを使用。
目の疲れが悩みです。

スマホを使ってブログを更新したり、SNSをしたりしています。
夜、子どもを寝かしつけながら、真っ暗な部屋で画面を見続けることもあります。つい夢中になって、目を酷使してしまうせいか、目が乾くことで疲れやすく、まぶたがピクピクしてしまうことも……。
ホットマスクで温めたりしますが、あまり効果を感じません。

尾島葵さん
夫、長男(4歳)との3人家族。
この春から子どもが幼稚園に通い始めるので、ようやく少し自分の時間がとれそう。
「趣味のヨガやカフェめぐりにももっと力を注ぎたいです」

パソコンを使う作業でそれまでとは違う目の疲れを実感!

仕事で、パソコンを長時間使っているのですが、以前はあまり感じなかった目の疲れを最近、とても感じるようになりました。とくに、エアコンの効いた部屋で長時間、画面を見続けていると目が乾燥することで疲れます。環境自体は変わっていないので、これも年齢のせいなのかしら?と諦めていますが、何かいい方法があるなら知りたいですね。

石川伸枝さん
夫、長男(11歳)、長女(9歳)との4人家族。最近とくに、読書をしていると、目がチカチカしたり、肩こりがひどくなったりするのが気になる。「なるべく遠くを見るよう心がけています」

クルマを運転中、目が乾くことで疲れます。その場しのぎの方法しかないの?

まだ子どもが小さいので、毎日の買いものにはクルマを利用しています。後ろに子どもたちを乗せているので安全運転には気をつけているものの、よく目が疲れてショボショボしてきます。赤信号で止まっている間に、ギューとつぶってパッと開くなどの体操をしていますが、もっと根本的な改善方法はないものでしょうか。

小林彩花さん
夫、長男(3歳)、長女(1歳)との4人家族。1年ほど前から、脚本家を目指して勉強中。「子どもたちを寝かしてから、パソコンに向かって脚本を書いていると、あっという間に時間が経ちます」

目の乾きなどによる疲れ、
環境のせいとあきらないで!

パソコンやスマートフォンなどの普及により、近い距離でモニターを見つめる作業時間が大幅に増えています。それにともない、目の乾きなどによる疲れを訴える人が急増中。今回のアンケートでも、実に8割近くの人が目に関する悩みに「目の乾きなどによる疲れ」を挙げています。

「目が乾いてショボショボする」「目が(疲れて)重い」など、目のつらさを感じて(目が)疲れてしまうと、集中力が切れて注意散漫になったり、やる気が起こらなくなったりすることも。エアコンを入れる季節になり、乾いた空気の中で長時間過ごすようになるといっそう悩みは深刻です。

いろいろと試してみても、またすぐに同じ状態に戻ってしまうと感じている人は多いはず。
でも、環境のせいだからしかたがないとあきらめているのではないでしょうか。
ライオンから新発売の目薬『スマイルTheメディカルA』は、目の乾きなどによる疲れを〝治す目薬。瞳本来の治癒力に着目し、原因に根本から働きかけます。

「乾きなどによる疲れ」の原因に着目。
“つらい※1”の根本を改善する
ビタミンA浸透処方の目薬が誕生!

スマイルザメディカル A

第3類医薬品
目の疲れ・かすみ(目やにの多いときなどによる)に

ビタミンAの2つの働きで根本ケアを始めよう

ビタミンAが角膜を修復。
目に涙をとどめる。

(イメージ図)

瞳には、均一に行き渡った涙を介して酸素や栄養が運ばれ、瞳の表面の角膜が正常に保たれています。涙は水分の蒸発を防ぐ「油層」、角膜や結膜に栄養分を与える「水層」、涙を目の表面にとどめる「ムチン層」の3層構造になっています。
しかし、目の酷使などによって涙のバランスがくずれ、瞳に涙がとどまりにくくなると、角膜が傷つき、疲れなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

『スマイルTheメディカルA』は、ビタミンA浸透処方を採用。基準内最大量※2(5万単位)配合の浸透性ビタミンAがしっかり届いて角膜を修復し、瞳に涙をとどめるのです。さらに、防腐剤※3・清涼化剤無配合。瞳をやさしく包み込みます。環境のせいとあきらめている人は、ぜひ試してみませんか。

  • ※1 乾きなどによる目の疲れ
  • ※2 一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大量
  • ※3 塩化ベンザルコニウム、ソルビン酸カリウムなど