コンタクトレンズを
つけたまま
寝るとどうなる?
リスクと対処法を解説

コンタクトレンズをつけたまま寝ることは、目に悪影響を及ぼす可能性があります。コンタクトレンズをつけたまま寝ると、目にコンタクトレンズが張り付いて外れにくくなり、目を傷つけることもあるため、視力低下や失明の原因となることもあります。

この記事では、コンタクトレンズをつけたまま寝た場合のリスクや、起こりうるトラブルについて解説します。また、その場合の対処法や、コンタクトレンズを外した後のケアについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

01 コンタクトレンズをつけたまま寝るとどうなる?リスクやトラブルは?

まずは、コンタクトレンズをつけたまま寝ることで起こりうるトラブルや危険性を把握しておきましょう。

コンタクトレンズをつけたまま寝るとどうなる?リスクやトラブルは?

コンタクトレンズが目に張り付く

コンタクトレンズをつけたまま寝ると、目に張り付いて取れにくくなる場合があります。睡眠中はまばたきをしないため目が乾燥しやすく、コンタクトレンズが目に張り付きやすくなっています。

さらに、コンタクトレンズがまぶたの裏に入り込む危険性もあります。万が一まぶたの裏に入り込むと、簡単に取り外すことはできません。自分で取り外せなくなってしまった場合は、無理せずに眼科で取り外してもらいましょう。

目が充血し目やにが出る

コンタクトレンズをつけたまま寝ると、目が充血して目やにが出ることもあります。寝ている間は涙の分泌量が低下するため、装用しているコンタクトレンズが汚れていても洗い流すことができません。これにより、汚れや雑菌が繁殖しやすくなり、目が充血して目やにや痛みが出ることもあります。

角膜トラブルが起こる

コンタクトレンズをつけたまま寝ると、角膜トラブルの原因にもなりかねません。コンタクトレンズは角膜に蓋をしてしまうため、目に酸素が届きにくく酸欠状態になります。酸欠になった角膜は、普段よりもダメージを受けやすくなります。

角膜に傷がついたらどうなる?角膜の傷の原因・症状・ケア方法

感染症リスクが高まる

コンタクトレンズをつけたまま寝ると角膜が酸欠状態になり、感染症になるリスクが高まります。酸欠で弱った角膜は、コンタクトレンズに付着した細菌やカビなどが感染しやすい状態です。細菌やカビなどが感染して炎症を起こすと、「感染性角膜炎」と呼ばれる感染症になる場合もあります。

「感染性角膜炎」の症状は、目の痛みや充血、黒目が白くなるなど、放置すると「角膜潰瘍」を起こしてしまい、視力低下につながりかねません。「感染性角膜炎」の疑いがある場合、早めに眼科で受診しましょう。

視界がぼやけて失明することも

コンタクトレンズをつけたまま寝ることを繰り返していると、視力低下や失明の恐れがあります。コンタクトレンズをつけた状態で寝ることで、角膜の酸欠を招き、角膜内皮細胞が減少することで視界が白く濁り、ぼやけて見えなくなることがあります。

02 コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったときの対処法

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまい、コンタクトレンズが目に張り付いてしまったときに、無理に外そうとすると目を傷つけてしまいかねません。まずは、ここで紹介するコンタクトレンズをつけたまま寝てしまったときの対処法を試してみましょう。

水を張った洗面器で目をパチパチして外す

洗面器に水を張り、顔をつけて目をパチパチすると外れやすくなります。コンタクトレンズがうるおうことで、普段通りスムーズに外すことができます。ただし、水道水に含まれる塩素が角膜に傷をつけてしまうことがあるため、長時間浸さないよう注意しましょう。

水を張った洗面器で目をパチパチして外す

コンタクトレンズが外れないときは眼科で診てもらう

どうしても外れない場合は、無理に外そうとせず眼科で診てもらいましょう。無理に外そうとすると、角膜表面を傷つけてしまう場合があります。

コンタクトレンズが外れないときは眼科で診てもらう

03 年代別コンタクトレンズ使用状況と加齢による違和感の対処法

年代別コンタクトレンズ使用状況

目薬使用者に聞いた年代別のコンタクトレンズ使用状況をみると、20代で60%、30代で49%、40代では35%、50代では23%、60代では11%といった状況です。

年代別コンタクトレンズ使用状況

【調査概要】

  • 調査名: あなたご自身に関するアンケート
  • 調査対象者:20~69歳の男女600名
  • 調査地域:全国
  • 調査方法:WEBアンケートで実施
  • 調査期間:2022年12月2日(金) ~ 7日(水)
  • 調査会社:楽天インサイト株式会社
コンタクト装用人口推移

「スマイル40 ゴールドコンタクトシリーズ」で調査したデータでは、40代以上のコンタクトレンズ装用率は年々上がっています。

コンタクト装用人口推移
  • ※グラフは、JNNデータバンクの「全国生活者実態調査」と人口統計をもとに、当社が独自に作成

年齢とともに涙や油の分泌量が減少しコンタクトレンズによる違和感を覚えやすくなりますが、目の疲れやかすみ※2が気になる場合は、コンタクトレンズをつけたまま使用できる目薬、ゴールドコンタクトシリーズなどがおすすめです。

※2 目やにの多いときなど

スマイル「ゴールドコンタクトシリーズ」

04 コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったら?

「昼寝のときにはコンタクトレンズを外すべき?」や「何時間までならコンタクトレンズをしたまま寝ても大丈夫?」など、気になる質問にお答えします。

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったら?

昼寝のときもコンタクトレンズを外すべき?

昼寝であっても、コンタクトレンズをつけたまま寝ることは避けましょう。わずかな時間でもコンタクトレンズをつけたまま寝ると、目を傷つけるリスクがあります。特に、昼寝やうたた寝のときはコンタクトレンズを外し忘れる場合があるので、注意しましょう。

昼寝のときもコンタクトレンズを外すべき?

何時間までならコンタクトレンズをつけたまま寝ても大丈夫?

たとえ短時間であっても、コンタクトレンズをつけたまま寝ることは避けましょう。コンタクトレンズをつけたまま寝ると、目にくっついて外れにくくなったり、目の表面が傷ついたりするなど、様々なトラブルの原因になります。

何時間までならコンタクトレンズをつけたまま寝ても大丈夫?

連続装用タイプのコンタクトレンズならつけたまま寝ても負担が少ない?

就寝中も装用できる「連続装用タイプ」のコンタクトレンズなら、つけたまま寝ても負担を抑えることができます。ただし、毎日つけたまま寝ていると、目に負担がかかり、視力低下や痛みなどの症状が出ることもあります。

「連続装用タイプ」のコンタクトレンズをつけたまま寝る場合、必ず眼科医の許可をもらい指示に従って装用しましょう。

連続装用タイプのコンタクトレンズならつけたまま寝ても負担が少ない?

05 コンタクトレンズを外した後には目のケアを

コンタクトレンズをつけたまま寝ると、充血や痛みが出るだけでなく、視力低下や失明につながる恐れがあります。夜寝るときはもちろん、昼寝やうたた寝をするときにも必ずコンタクトレンズを外し、目にかかる負担を抑えることが大切です。

コンタクトレンズを外した後には、気になる症状に合った目薬でケアしましょう。スマイルの目薬は、かゆみや充血、目のかわきなど症状に合わせて選ぶことができます。

コンタクトレンズを外した後には目のケアを

コンタクト装用時に使用できる!角膜を修復する成分配合のおすすめ目薬

スマイルザメディカルA DX コンタクト

[第3類医薬品]
乾きなどによる疲れ・かすみを治す

※目やにの多いときなど

「スマイルザメディカルA DX コンタクト」は、コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズをのぞく)装用中に使用することができ、レンズを装着していない裸眼時でも点眼できます。

角膜修復成分「ビタミンA」を50,000単位配合しており、傷ついた角膜(軽度なこすれを受けた角膜細胞)にはたらき、乾き・酷使による疲れを治します。

スマイルの独自技術である防腐効果により、防腐剤無添加でも使用期限や保管方法は防腐剤配合の目薬と変わりません。清涼化剤無添加で、しみにくい点も魅力の一つです。

製品の詳細はこちら

目薬の選び方に迷ったら
こちらの記事がおすすめ!

目薬の選び方



製品紹介

※ドライアイ(目のかわき)とは
なんらかの原因で目を保護する涙の量が少なくなったり、涙の成分バランスが変化したりすることにより、目が乾燥した状態のこと

トップへ戻る